家族の絆を紡ぐ住まいづくり

recent news

  • テラスのある家

    地元工務店で注文住宅を建てよう

    せっかく家を建てるなら、自分に合った家を手に入れたいもの。メーカーも注文住宅に対応してくれますがオプション設定になってしまい、コストもかなり上がるようです。建築家に頼むのは勇…

  • リビングダイニング

    夢に描いた注文住宅を建てる事ができました

    家探しをしていた時、主人と建売物件巡りをしていました。何軒か見たものの、値段と好みの折り合いがつかず、なかなか見合う物件に巡り会えませんでした。何か物足りない…そんな…

  • 草むらの中に建つ家

    注文住宅の節水トイレを選ぶときの注意点

    注文住宅に節水トイレを着けるときに気を付けた方が良いことについて書きます。注文住宅を建てる場合、どの業者で注文住宅を建てたとしても、今は勧められるトイレはほとんど全て…

  • 一軒家

    注文住宅か?建売住宅か?

    私と夫、そして間もなく産まれてくる子どもの3人での生活を考えると、今の賃貸マンションではどうしても手狭なので、一戸建てを購入することまでは決めています。けれども、注文住宅にす…

憧れの注文住宅!

ソファと観葉植物

安曇野市での注文住宅は快適に住むことができる住宅を提供してくれるのです!それがAIWA匠です!洗練された職人さんの技術で理想の注文住宅を仕上げてくれるのです!


今我が家は山武市に注文住宅を建てるべく、土地を探しているところです。もともと、夫の実家に同居していた我が家。2人目の出産を機に、夫の実家を出て、戸建て建築をすることにしました。戸建て建築を考えるにあたっては、比較的スムーズに注文住宅にすることに決まりました。注文住宅にしたのは、次のような理由からです。
第一に自分好みの、家の内観外観にしたかったことです。外観はウッディにしたり、内観は木の温もりを感じられるようにしたりと、色々とこだわりがあります。また、ソフトの面も、ガレージはマストで、夫が自分の愛車を置きたいと考えているようです。とにかく、個性的な自分たち好みの家にしたい、そう考えたわけです。
また、我が家には夫が一生懸命働いてくれているおかげで、比較的家を購入するために必要な預貯金があるというのも大きいです。このような理由が、我が家が注文住宅を購入しようと思い至った主なものになります。
冒頭にも述べたように、今我が家は、自分たち好みの注文住宅購入に適する土地を探しているところです。土地探しから、注文住宅の設計、業者選びなど、全ての取り組みを、夫と子どもたちと一緒に存分に楽しみながら、自分たちの理想の注文住宅を千葉県の山武市に購入するつもりです。

注文住宅をローコストで

注文住宅は夢のマイホームの形としては人気が高いです。しかしコストがかかるという事で、建てたくても建てる事ができないなんていう声もかなり多いです。しかし、注文住宅はローコストのものもあり、そういったものを選択すれば夢の注文住宅にも手が届くという人は増えるでしょう。
ローコスト注文住宅の特徴としては、少し外観や内装に縛りがあるという事がまずあげられます。そういった縛りがある事でローコストが実現できていますから、そこは仕方がない事です。ただし縛りの中で最大限工夫をすれば、納得のいく自分だけの住宅というのは建築可能でしょう。比較的シンプルな作りが良いなと思っている方は、このローコスト住宅で十分という場合もあります。
またローコストだと耐久性、耐火性、遮音性などで少し不安を感じるケースも多いはずです。そういった面で普通の注文住宅で劣るとなると、いくら安いといっても手を出すのはやめておこうと多くの人が思われるでしょう。実際のところは、ローコスト住宅だから耐久性や耐火性、遮音性などにおいて大きく劣るなんていう事はありません。そういった住宅に必要な基本的な性能に関しては、ローコストだから悪いという事はないのでご安心ください。

規格住宅で手軽に味わう注文住宅の楽しみ

家を買うなら絶対に注文住宅!と思っている人にお尋ねします。
あなたが注文住宅で実現したい事はなんですか?もしそれが「壁紙は自分で選びたい」とか「無垢材の床にしたい」または「キッチンにはタイルを貼ってガラスシェードのペンダントライトをつける」というような事であれば、注文住宅でなくても十分可能かもしれません。
建売住宅(分譲住宅)と注文住宅の中間に規格住宅と呼ばれる種類の商品があります。これは選べる間取りや建材、住宅設備が数種類決まっていて、その中から瓦はこれ、キッチンはこれ、という様に個々に選択して住宅仕様を決めていくものです。
実際には注文住宅を建てたと言って規格住宅を建てている場合も多い様ですが、これは施主、ハウスメーカー双方にとって幸いなことです。施主にとっては自分たちで作り上げたという満足感が残りますし、ハウスメーカーもフローチャートから選択させて住宅仕様を決めていくので手間がありません。
施工においても標準的な建材を使用することはミス防止につながります。施主をパニックに陥れる建築トラブルを未然に防ぐことが出来るという事です。
規格住宅は注文住宅と比較してコストパフォーマンスが優れていますし、なにより家づくりにおける施主の労力を大幅にカットしてくれます。建売住宅が少ない立地での家づくりや配偶者が建売住宅では満足しないという場合にも規格住宅は大いに利用価値があります。


SEOに強い歯科のホームページ制作は「ティーエイト」にお任せしましょう。医療専門のWEBマーケティング会社なので安心して任せられますよ。

update list

NEW2016/06/02
注文住宅か?建売住宅か?を追加しました。
NEW2016/06/02
注文住宅の節水トイレを選ぶときの注意点を追加しました。
NEW2016/06/02
夢に描いた注文住宅を建てる事ができましたを追加しました。
NEW2016/06/02
地元工務店で注文住宅を建てようを追加しました。

≫ 記事一覧へ

Copyright © 2016 自分たちの理想の注文住宅をローコストで建てるための知識 All Rights Reserved.